ウイリアム君を訪ねて

  • 2017.08.08 Tuesday
  • 14:45

 

岡山城下 弓之町のクロノス

今は亡き先代 博店主

偏屈で変わり者 と 呼ばれることもしばしば

事 お店で扱う古いモノに付いては妥協が出来ず

よく苦しんでおりました

 

それでも岡山で古い時計と云えば クロノスへ

と インターネットが普及される前から

わざわざ探して お越し頂くお客様への対応は熱心で

信頼も厚く 手前味噌ですが尊敬しておりました

 

 

チャイムが命

ウエストミンスター式と呼ばれる置時計

向かって右側のチャイムの修理のご依頼に

タカエマダムがクロノスを訪ねて下さったのは

10数年前

結婚のお祝いに頂いた大切な時計で

鐘の音を どうしても もう一度聞きたい

 

なぜなら 先々 失明するのです

と 切々とした思いを朗らかに語って下さいました

 

無事チャイムの修理ができ 喜びの声を

私がお聞きしたのは 確かお電話だったように記憶しております

 

その後 もう一台と 向かって左側の時計を

クロノスにて お求め頂きました

 

時を経て 失明されたマダムと

店主博との再会は果たせなくなりましたが

この度 再修理のご依頼で

私が代行させて頂いた次第です

 

ただ 残念ながら 部品が見つけられず

長々とお預かりしたものの お役に立てませんでした

博なら どうにかなったかしら?

もう一度 鐘の音を聞かせて差し上げたかった Docomo_kao19

 

マダムは クロノスの事をよく覚えて下さっていて

背筋を伸ばした髭の紳士 博さんが

格好良くボルボに乗っていた(お恥ずかし)

中学生だった希歩ちゃんも お元気ですか?

はい!

その希歩が母になったこと

その孫 紬を連れて

時計の配達に伺いたいとお伝えしたところ

来たばかりの2代目 ウイリアム君にも

是非会ってやってください!と 云う訳でご対面

 

 

ウイリー Docomo_kao17

 

補助犬としての躾が まだ出来ていないと

心配されるマダム

びっくりする むぎちゃん

大泣きして ウイリーを困らせないか

私も心配でしたが...。

 

 

大丈夫☆

ウイリーが歓迎してくれているのが

むぎちゃんにも伝わったようでした

ウイリアム君とは 仲良く出来そうですね Docomo_hart2

 

優しいご主人が見守られる中

美味しいものを食べて ビールを飲むのが愉しみ

がぶがぶ!

と 笑う タカエマダム

 

その笑顔に 自身の悩みなんて吹き飛ばされ

元気を頂きました

居心地よく 澄んだ空間に

希歩も紬も 終始ご機嫌でした

 

 

また一つ 博が遺してくれたご縁が繋がりました

 

ウイリアム君を訪ねて また むぎちゃんと参りませう 四葉のクローバー

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

trade mark

profilephoto

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM